賃貸契約における仲介手数料無料の魅力

家賃は生活費の中でも、金額も大きく、毎月継続して必要な支出です。 また、賃貸契約にあたって、敷金礼金や仲介手数料などの初期費用が掛かるのも特徴です。敷金礼金は家主に対して支払い、仲介手数料は契約を仲介する不動産会社に支払うもので、法律ではなく当事者同士の契約によって金額を決める仕組みになっています。  法律の定めではなく慣習を基にして契約で決めるため、地域によっても差がありますが、東京を始め、多くの地域で資金礼金が家賃の2か月分ずつ、仲介手数料が家賃の1カ月分という場合が一般的です。  敷金礼金が2か月分ずつ、仲介手数料が1か月分だと、初期費用は最初の家賃を合わせて月額の家賃6カ月分に相当し、引越し代の負担とも時期が重なるのが悩みのタネです。  そこで魅力なのが仲介手数料無料物件です。  仲介手数料無料では、仲介の不動産会社がただ働きをすることになってしまいそうですが、実際にはオーナーからの仲介手数料収入が不動産会社の報酬になります。  オーナーにとっては、空き部屋でも固定資産資産税をはじめとした維持費がかかるので、早く入居者を見つけてほしいため、入居者からの仲介手数料も肩代わりして仲介手数料無料物件を実現しています。  実質的にはオーナーからの家賃の値引きの性格があり、気にいった部屋が見つかればお得な選択です。

Copyright ©All rights reserved.不動産物件における仲介手数料無料.